建設業許可がわかる

行政書士山口事務所が運営

TOPページ > 建設業質問集

建設業許可に関する質問です。

1 今まで、建設会社で勤務していましたが、この度独立しました。資格は持っていますが、すぐに建設業許可を取得できるでしょうか?


2 建設業許可を申請しようと思っています。無事に許可が下りた場合は、どのような工事もできるのですか?


3 建設業許可の更新期限が迫っていますが、書類を作成する時間的余裕がありません。落ち着いてから、新規に建設業許可申請をすることは可能ですか?


4 元請さんから契約するから、急いで許可をとってこいと言われましたが、すぐに取れますか?また依頼して許可が下りない場合はどうなりますか?


5 4年ほど前に建設業許可を個人事業主として取得しました。今般株式会社を設立し、建設業許可を取得するつもりですが、決算変更届を一度も提出していません。許可申請の前に提出する必要はありますか?


6 建設業許可を取得しましたが、決算の変更届を一度も提出していません。許可の更新日までもう一ヶ月もありません。書類の書き方もわかりませんし、時間もとれません。全てお願いできますか?


7 経営事項審査が改正され、Z点の技術職員による点数加算が2業種までになるそうなのですが、建設業許可の要件の専任技術者の担当できる業種も2業種になるのでしょうか?

8 建設業許可申請の書類作成は難しいですか?自分で作成することは可能ですか?また提出先はどこですか?

9 社会保険の加入が義務付けられたようですが、社会保険未加入では建設業許可を取得できませんか ?



1 独立後すぐの許可取得

残念ながら、建設業許可は取得できないと可能性が高いです。経営業務管理責任者の要件が満たせません。復習になりますが、申請業種について5年間、申請業種以外で7年間の経営経験が必要になります。

経営経験とは、個人事業主、会社役員としての期間です。会社役員としての期間には監査役は含みません。

ただし、有限会社株式会社の場合は、取締役として経営経験を満たしている人物がいれば、建設業許可を取得することは可能です。

2 ひとつの許可で複数の工事

申請する際に、28業種のなかから選択することになります。なんでも選択できるわけではありませんが、選択した業種に限り、500万円以上(建築一式では千五百万円)の工事を請負えるようになります。

また、施工金額500万円未満(建築一式では千五百万円)の小規模な工事について、建設業許可は必要ありません。

3 更新せずに新規は可能か

可能です。しかし、有効期限の翌日から新しい許可が下りるまでの期間は、無許可業者となってしまいます。そうならないためにも、更新することをお勧めします。また石川県に支払う石川県証紙も更新が5万円に対して新規の場合は9万円と高くなっております。

また、新規で取得し直した場合、許可番号が別のものとなるため、看板・名刺等を変更するための諸費用がかかると思われます。

4 許可の標準処理期間は

石川県の場合、書類を受付してもらった日から、40日が標準処理期間となっています。また当事務所はスピード対応と謳っていますが、書類の作成、添付書類の収集には、ある程度時間がかかります。よって早くても「四十日プラス作成日数」はかかることをご考慮ください。

行政書士は書類の作成を業としています。もちろん話を伺って、要件の確認をしてから申請しますが、最終的に判断するのは、石川県です。建設業許可が下りない場合も報酬は頂きます。

5 個人事業主時の決算変更届

石川県の場合、決算変更届の提出が必要な場合と、必要でない場合両方の可能性があります。詳細は省きますが、決算変更届の提出が不要な場合が多いです。

この取扱いはあくまでも石川県のものです。石川県以外の方は、各都道府県にお問合せください。

6 更新期限までの時間が無い場合のご依頼

決算書等必要なものをご用意いただければ、至急対応いたしますので、お早めにご連絡ください。当事務所はスピード対応をモットーにしております。

更新申請の場合は、当事務所の報酬の他に、申請手数料として5万円が必要になりますので、提出時までにご用意してください。

7 専任技術者は2業種まで

専任技術者は、今までどおり複数の業種を担当でき、2業種に限定されることはありません。現在複数の業種の建設業許可をお持ちでも、新たに許可のために資格者を確保することは要しません。

2業種に限定されるのは、経営事項審査の点数加算のみです。

8 独力で建設業許可は可能か

可能です。

ただ、行政書士のように、年に何件も申請していれば難しいとは思いませんが、はじめて挑戦する方にとっては、慣れていない分難しいと思われるのではないでしょうか。

行政書士に依頼すると、それなりの金額がかかりますので、独力で申請してみてもいいのではないでしょうか。

何度も申請先に足を運び、時間がかかることを覚悟すれば、自分で作成することはできると思います。書類が出来上がったら管轄の土木事務所へ提出します。

9 社会保険と建設業許可

今のところ、社会保険の加入は、建設業許可の要件となっておりませんので、許可の取得は可能です。それと同じく更新も可能です。

ただし、その後社会保険加入の指導書などが送付されてきます。

COPYRIGHT2005 建設業許可がわかるALL RIGHT RESERVED