建設業許可がわかる

行政書士山口事務所が運営

TOPページ > 経審質問集

経営事項審査に関する質問です。制度の改正があり、質問に対する解答が現行のものと相違している場合はご了承ください。

1 審査基準日とは何ですか?


2 経営事項審査の点数、総合評定値P点は、最高で何点までいくのでしょうか?


3 経営事項審査を受ける目的はなんでしょうか?


4 アルバイトも職員の人数にカウントできますか?


5 地元の町が発注する公共工事の入札に参加するにはどうしたらよいですか?


6 仕事が忙しくて、指定月までに経営事項審査の準備が間に合いません。間に合わない場合どうなりますか?


7 経営事項審査の点数をアップしたいのですが?



1 審査基準日

審査基準日とは、原則、その会社の決算日を指します。例えば、会社の決算日が3月31日の場合、その日に従業員数や資格者数が何人いるか等チェックを受けることになります。

会社を設立し、すぐに建設業許可を取得、急いで指名願いを提出したい場合は、審査基準日を会社設立の日にすることもできます。

このパターンで審査基準日が決算日の場合は、最長1年間指名願いを提出できなくなりますので、その不都合を配慮してのものでしょうか。

2 最高点

総合評定値の最高は、1905点です。ちなみに最低は、329点だそうです。

点数は下記の計算式で決定されます。

総合評定値P=0.35X1 + 0.10X2 +0.20Y + 0.20Z + 0.15W

石川県の場合は、総合評定値に主観的点数なるものが加算されます。

旧経審の情報です。

3 経審の目的

建設業者側から見れば、入札に参加し、公共工事を請負うための条件になっているからです。

官公庁側からみれば、建設業者の経営状況、技術者情報等から、業者のランク付けを行うことによって建設工事を発注する際の業者選定の資料にすることができます。

ランク付けは、都道府県市区町村によって、独自に規定されています。点数が同じでも、建設業許可業種によってランクが違う場合もあります。

4 職員とは

雇用期間を限定されていたり、常時雇用されない人は、職員に含むことができません。

例えば、1日だけの雇用形態が繰返され長期にわたる場合、この建設工事が終わるまでと雇用期間を限定された場合、一月に5日程度しか労働しない場合等は職員数にカウントできません。

5 入札に参加するには

国、県、市町村から公共工事を請け負うには、まず、建設業許可をもっていることが大前提です。建設業許可が既にあるのなら、建設業法第27条により、毎年指定された時期に、経営事項審査を受けることになります。

その後、国、県、市町村などに入札参加資格申請書を提出し、要件を満たしていれば、入札参加資格を得ることができます。

指名競争入札の場合は、これによって入札に参加できることが確定したわけではありません。入札参加業者に指名されてはじめて参加することができます。

6 期日に間に合わない場合

指定月の翌月でも、経営事項審査は受けることが出来ます。しかし、指定月までに受けれない場合は、公共工事を請け負うことができない恐れがあります。

経審を受ける場合は、審査月の前月末までにハガキで申し込むことになっています。

7 点数アップ

経営事項審査の点数は、会社の決算内容、完成工事高、職員数、職員の有する資格、営業年数等で総合的に判断されます。売上が高く、利益が多ければ点数はあがります。

資格を取得したり、退職金規定を作ったりと、その他にも点数アップする手段があります。

COPYRIGHT2005 建設業許可がわかるALL RIGHT RESERVED