建設業許可がわかる

行政書士山口事務所が運営

TOPページ > 経営業務管理責任者

経営業務管理責任者とは

経営業務の管理責任者は、文字通り経営について管理をする責任者です。

経営業務管理責任者として認められる人は、下記のどちらかの要件を満たす者です。

要件

1.申請する建設業許可業種について、法人の役員、個人事業主としての経営経験が5年以上ある場合。ここでいう法人の役員には、監査役・会計参与は含まれません。

2.申請する建設業許可業種以外の業種について、法人の役員、個人事業主としての経営経験が7年以上ある場合。

具体例(管工事業希望の場合)

個人事業主として、管工事を5年間営業していた場合、管工事業の経営業務管理責任者となることができます。

個人事業主として、電気工事を7年間営業していた場合、管工事業の経営業務管理責任者となることができます。もちろん電気工事でもなれます。

常勤性

専任技術者と経営業務管理責任者になる者は、その会社に常勤の必要があり、非常勤役員等の場合は、なることができません。常勤とは、ある一定の計画のもとに毎日(休日を除く)所定の時間職務に従ずることです。

また、他の建設業者と掛け持ちで、専任技術者や経営業務管理責任者となることは、認められておりませんのでご注意ください。

COPYRIGHT2005 建設業許可がわかるALL RIGHT RESERVED